経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

ブランディングとは? の記事一覧

ポジショニングが大事か、リソースが大事か。

ブランドの理論と比較して考えてみる。 ブランド構築は、シェア拡大にも、差別化にも効く。 経営学を少し勉強してきた方であれば、この2つの議論について聞いたこと程度はあるのではないでしょ...続きを読む

BtoB企業こそ、ブランディングが必要な理由。

予算がなくてもできるBtoBのブランディング。 きっかけはなんでもいい。その過程で語れるものが必ずあるはず。 BtoC企業、例えばメーカーであれば商品は店頭に並べられ、その棚を巡って...続きを読む

ソーシャルエコノミー時代こそ理念が武器になる。

グローバルに強いブランドは、高次の理念を持っている。 世界は、理念の共有へ。 田中洋・編『ブランド戦略全書』(2014・有斐閣)はおそらく日本のマーケティング、ブランド研究の第一人者...続きを読む

リピートが起こるメカニズムのヒント。

高いモノは、いい。は本当か? 高い知覚品質が、ブランドに及ぼす影響とは。 ブランド・エクイティの中に、「知覚品質」があります。知覚品質とは、文字通り、知覚できる品質のこと。品質の高低...続きを読む

機能を越えて、何で差別化をすべきか。

機能のみでの差別化はコモディティへの道。 ブランド論にある4つの便益という考え方。 ブランドは企業の資産であるとして「ブランド・エクイティ」を提唱したアーカーはブランドには4つの便益...続きを読む

なぜプロモーションとブランディングを混同するのか。

いつからプロモーションがブランディングになったのか。 プロモーションは、ブランディングの一部分。 BRAND THINKING編集部はこれまでもブランディングについてたくさんの記事を...続きを読む

採用広報を通常の広報と一緒にすると痛い目に会う。

採用のコミュニケーションで、人生が決まる。という大前提。 広告ではなく「深告」というアタマを持てるか。 連日で採用がテーマです。昨日の「採用ブランディングはインナーブランディングだ」...続きを読む

なぜ一貫性を保つのは難しいのか。

ブランドにとって一貫性は生命線。 スティーブ・ジョブズは一貫性を全うした。 ブランドにとって、一貫性は非常に重要な問題です。「一貫性が勝利をもたらす」とはアーカーの言葉。しかし実際に...続きを読む

ブランドは意志を持って成長させろ。

従来の日本企業の方法とは180度異なる方法。 ブランド単位でマネジメントを。 ブランド・マネジメントに関しては以前に一度、「ブランドは、何をマネジメントするべきなのか。」という題名で...続きを読む

組織の価値観で差別化できたら強い。

組織の価値観がもたらす決定的な差別化。 競合ブランドが真似できないもの=組織。 例えば今日のケータイ電話のように、機能で差別化するということは、ブランドにとって最も基本的なことですが...続きを読む

まずはこの記事から

タイアップ記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング