経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

繁盛店 の記事一覧

ストーリーを持つ酒を山梨から。覚悟を持って取り組み続ける。#3

【勝沼ワイナリーマーケット・新田商店のブランド論】第3回<最終回> 現在、日本で一番良いワインとされるものは、甲州種ぶどうが原料と言われている。そんな山梨の中でひときわぶどう栽培に適...続きを読む

勝沼=ワインを目指す。やっていたことは、地域のブランディングだった。#2

【勝沼ワイナリーマーケット・新田商店のブランド論】第2回 現在、日本で一番良いワインとされるものは、甲州種ぶどうが原料と言われている。そんな山梨の中でひときわぶどう栽培に適した丘陵地帯...続きを読む

地元の魅力って何だ。それを発信し続けたい。#1

【勝沼ワイナリーマーケット・新田商店のブランド論】第1回 現在、日本で一番良いワインとされるものは、甲州種ぶどうが原料と言われている。そんな山梨の中でひときわぶどう栽培に適した丘陵地帯...続きを読む

飲食業界にとどまらず、新しい文化をつくり続けたい。#3

【テーブルクロスのブランド論】第3回<最終回> 外食をする時にアプリから予約をすると、予約した人数分の給食が途上国の子どもたちへ届けられるサービスがあるのをご存知だろうか。それが社会貢...続きを読む

日本の寄付文化を変えることが、世界を変えるきっかけになる。#2

【テーブルクロスのブランド論】第2回 外食をする時にアプリから予約をすると、予約した人数分の給食が途上国の子どもたちへ届けられるサービスがあるのをご存知だろうか。それが社会貢献できるグ...続きを読む

ITで、飲食業界と世界を変える。#1

【テーブルクロスのブランド論】第1回 外食をする時にアプリから予約をすると、予約した人数分の給食が途上国の子どもたちへ届けられるサービスがあるのをご存知だろうか。それが社会貢献できるグ...続きを読む

愛され続けるために、一つひとつのパンに想いや愛を挟みこむ。#3

【吉田パンのブランド論】第3回<最終回> 「吉田パンを食べて吉がくる・・・そんなコッペパンでありたい。」というコピーを掲げ、朝から行列ができるほどの人気を博すコッペパン専門店が東京・亀...続きを読む

特別視されるのではなく、人の日常に寄り添うパン屋でありたい。#2

【吉田パンのブランド論】第2回 「吉田パンを食べて吉がくる・・・そんなコッペパンでありたい。」というコピーを掲げ、朝から行列ができるほどの人気を博すコッペパン専門店が東京・亀有にある。...続きを読む

400店より400年。愛の深いコッペパンを、今日も丁寧につくっていく。#1

【吉田パンのブランド論】第1回 「吉田パンを食べて吉がくる・・・そんなコッペパンでありたい。」というコピーを掲げ、朝から行列ができるほどの人気を博すコッペパン専門店が東京・亀有にある。...続きを読む

長く愛され続ける。伝統とはブランド構築そのもの。#3

【デポリーバのブランド論】第3回<最終回> 日本古来の繊細な裂き織り(駿河裂き織り)と刺子に、国内・海外産の高級レザーを取り入れたデザインで人気を博す「depoliva(デポリーバ)」...続きを読む

まずはこの記事から

タイアップ記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング