経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

地域活性 の記事一覧

企業文化をつくるマネジメントが、ブランド実践™を起こす。

【働きがいこそ、ブランド構築 後編】 ブランド構築に関して、その数多くの書籍や論文は広告宣伝を中心としたコミュニケーション分野を中心に発展してきた。しかし今日のブランド論を形作ったアー...続きを読む

【レポート】土田酒造のファンづくりの源泉を探る【BRAND THINKING勉強会】

2018年11月1日(木)の19時30分より、テモナ株式会社さんのラウンジにて、BRAND THINKINGの勉強会が開催されました。今回は、ゲーム制作から酒造りへの転身というユニークなキャ...続きを読む

2018.10.12

即実践!小さなブランディング #01 「企業の清掃活動」

当メディアではブランディングについての情報発信を行っていますが、「うちにはブランディングなんてできない」という声をいただくことがあります。様々な事情がありますが、その多くが資金的な要因にある...続きを読む

常識破り。すべて生酛系の山廃酵母でつくる酒造り。#1

【土田酒造のブランド論】第1回 群馬の山深い場所に、土田酒造はある。1907年創業。200年、300年続く蔵の多い中で、日本酒の世界では新しい部類に入る。しかし戦前にはすでに当時の日本...続きを読む

クラウドファンディングのメリットはブランディングにあり #2-2 合同会社sunsunto

クラウドファンディングは、インターネット時代における新たな資金調達手法として注目を集めている。しかし、クラウドファンディングのメリットは、資金調達だけにとどまらない。リリース前から共感を集め...続きを読む

愛され続けるために、一つひとつのパンに想いや愛を挟みこむ。#3

【吉田パンのブランド論】第3回<最終回> 「吉田パンを食べて吉がくる・・・そんなコッペパンでありたい。」というコピーを掲げ、朝から行列ができるほどの人気を博すコッペパン専門店が東京・亀...続きを読む

特別視されるのではなく、人の日常に寄り添うパン屋でありたい。#2

【吉田パンのブランド論】第2回 「吉田パンを食べて吉がくる・・・そんなコッペパンでありたい。」というコピーを掲げ、朝から行列ができるほどの人気を博すコッペパン専門店が東京・亀有にある。...続きを読む

400店より400年。愛の深いコッペパンを、今日も丁寧につくっていく。#1

【吉田パンのブランド論】第1回 「吉田パンを食べて吉がくる・・・そんなコッペパンでありたい。」というコピーを掲げ、朝から行列ができるほどの人気を博すコッペパン専門店が東京・亀有にある。...続きを読む

長く愛され続ける。伝統とはブランド構築そのもの。#3

【デポリーバのブランド論】第3回<最終回> 日本古来の繊細な裂き織り(駿河裂き織り)と刺子に、国内・海外産の高級レザーを取り入れたデザインで人気を博す「depoliva(デポリーバ)」...続きを読む

Made in Japanのこだわりや価値を、日本人にこそ知ってほしい。#2

【デポリーバのブランド論】第2回 日本古来の繊細な裂き織り(駿河裂き織り)と刺子に、国内・海外産の高級レザーを取り入れたデザインで人気を博す「depoliva(デポリーバ)」。日本の優...続きを読む

まずはこの記事から

タイアップ記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング