経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

2017.01.13

スタートアップが最初に言語化しておくべき7つのこと。

【スタートアップのCEOだからこそ身につけたいブランディング思考】no.4


元々は一部上場ベンチャー企業の理念策定を行っていました。現在はスタートアップ企業を中心に企業ブランディング、特にコーポレート・アイデンティティ(CI)を専門として上場企業の理念策定と同じプロセスでやっています。

スタートアップは、いきなりサービス開発や顧客開拓ではなく、まず最初に7つの概念を言語化する事が大切。同じサービス、物を作るにも、他とは全く価値が違うものになります。

最初のコーポレート・アイデンティティ(CI)を言語化しておく事で、経営戦略、PR戦略、人材戦略を一貫した概念でブレなく統合している状態=ブランド力が強い状態で、市場で戦えます。

まずはこの記事から

最新連載記事

人物から記事を探す

  • 株式会社ペライチ 代表取締役

    橋田一秀

  • 株式会社Gunosy 代表取締役 最高経営責任者(CEO)

    竹谷祐哉

  • 株式会社イエローズ 代表取締役・バーガー研究家

    白根智彦

  • 株式会社土田酒造 代表取締役

    土田祐士

  • 株式会社スペースリー 代表取締役

    森田博和

セミナー・イベント情報

ランキング