経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

イベント・セミナー

【レポート】日本ブランド経営学会カンファレンス2020<前半>

 

10/24(土)10:00〜爽やか秋晴れの中、日本ブランド経営学会カンファレンス2020がオンラインで開催されました。発表者は全部で10人。最新研究が集まるブランド論漬けの1日です。

まず日本ブランド経営学会会長(愛知東邦大学 経営学部 地域ビジネス学科 教授)の上條憲二氏より、基調講演がありました。「企業リスクに対して、いかにブランドを守るか」をテーマに、ビジョンに立ち返ることの重要性、社内への浸透の必要性、社会に向かって繰り返し伝えることの大切さなど、9つの項目にまとめ発表がありました。

次は「マネジメントとブランドが出会うとき」というテーマで株式会社シー・エス・イーの野口和美氏のライトニングトークが始まりました。マネジメントの課題として、機能不全、過渡期を迎え、アップデートが必要である、という認識を持ち、昨年の発表から、ブランドマネジメントからブランドディレクションという考えを聞いて、「管理から方向づけへ」自身のマネジメントを変えていったといいます。企業理念だけでなく、自身の部署のビジョン、ミッション、バリューを制定し、自身のマネジメントもそこに紐づけて行うようになっていきました。また自身の部署の10年計画も制定し、ブランドに沿ったマネジメント実践の発表が行われました。

3番目の発表からは論文を基にした研究発表になります。「ブランディングと日本人の宗教観」と題して、(株)SUBARU米国ダラス・オフィス所長 齋藤嘉昭氏がダラスより発表くださいました。自身がブランド・マネジメントを過去に経験していた経験から「ブランディング」などのカタカナ言葉がなかなか社内に浸透しないという課題感から、研究が始まりました。「なぜ日本企業ではブランドを軸にした経営が難しいのか」という問いを、ブランディングは輸入文化であること、背景に欧米の宗教観があること、日本の宗教観とブランディングのロジックの3つが原因としてあると指摘します。例えば「クレド」もキリスト教用語。ブランディングと宗教の類似性について、比較検討の発表が行われました。

4番目の発表はむすび株式会社代表取締役の深澤了氏の発表です。テーマは「採用ブランディングが企業経営にもたらす未来の変革〜企業は理念のもとに集うコミュニティになる」。採用ブランディングの定義から始まり、採用ブランドと企業ブランド、商品・サービスブランドとの関係性について発表。理念浸透が業績につながるという国内外の調査の事例や自身の「副業・フリーランス調査」から、採用ブランディングで理念共感した人の採用が社内の理念浸透を進め、活躍人材を生み、社内のさまざまな指標(ワークエンゲージメント)を上げ、それが結果的に業績につながる8つのステップモデルを独自に提示。企業は卒業していくフリーランス人材をも踏まえたコミュニティ化を果たしていくとする企業コミュニティ化モデルを提示しました。

5番目はPERSOANL VENTURE CAPITAL.LLC CEOチカイケ秀夫氏の「デジタルトランスフォメーションとブランディング」の発表です。チカイケ氏はDXの究極はマトリックスの世界であると言います。さまざまな事例から企業内で劇的な進化を起こすことをDXであると定義します。またマーケティングは数値化しやすく、KPIを取りやすいとする一方、ブランディングは効果が測りにくいという指摘があることを踏まえ、「そごう」などのブランド広告の事例や機能性ばかりを追求する日本企業の製品事例を取り上げ、詳細な比較説明が行われました。

ここまでで前半戦が終了。後半戦へと続きます。
(つづく)

 

なお、来月は11/19(木)に通常の勉強会(salon)が開催されます。

その他のイベント・セミナー

【レポート】日本ブランド経営学会カンファレンス2020<後半>

前半より続きです。お昼を挟んで、午後からの発表になります。 (事務局設置の会場から発表する和田哲郎氏) 6番目は「コロナ禍と『まち』ブランドの変化と共生」をテーマに、まちブランドプロ...続きを読む

日本ブランド経営学会Salon #24『企業ブランド価値の算出方法とは?』

2020年9月17日、オンラインにて日本ブランド経営学会サロン第24回が開催され、オンラインで約40名の方が参加されました。 日本ブランド経営学会は、ブランディングの視点から日本の企業経営...続きを読む




まずはこの記事から

タイアップ記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング