経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

コンテンツ一覧

最適なブランディングに4Pだけではなく4Cも理解すべき 

ブランディングは顧客視点を無視できない ブランディングは「企業側がどう見せたいか?」だけではありません。「顧客がどのように捉えているか?」も重要です。どれだけ企業側が高級なイメージをつ...続きを読む

ブランディングに欠かせない強み|自社の強みを1から理解するバリュー・チェーン分析 

自社の強みはどこで生まれるのか? 「ブランディングは自社の強みを理解するべき」ですが、どうしても他社と比較して自社の強みが浮かばない企業もあるのではないでしょうか。今の時代、安い価格や...続きを読む

日本ブランド経営学会Salon #24『企業ブランド価値の算出方法とは?』 

2020年9月17日、オンラインにて日本ブランド経営学会サロン第24回が開催され、オンラインで約40名の方が参加されました。 日本ブランド経営学会は、ブランディングの視点から日本の企業経営...続きを読む

2020.09.28

USPを理解してブランディングの基盤を固める|USPとは? 

USPはブランディングに必須 ブランディングをおこなう上で、自社ならではの強みは必須です。強みがなければ、競合との差別化を図れず、人の目を惹くキャッチコピーも作れません。自社の強みを理...続きを読む

SECIモデルでブランド構築を説明すると、組織のやるべきことが見えてくる。 

SECIモデル、ブランド論、経営における本質は同じ。 ブランド構築は、プロモーションではなく、まず組織に着目せよ。 SECIモデルは1990年代、一橋大学名誉教授である野中郁次郎が考...続きを読む

2020.09.23

ブランディングは「社会志向」が求めた形|時代の変化から見るブランディングの必要性 

ブランディングは世の中が求めた形   マーケティングの世界では、時代の変化と共に「顧客理解」が重要とされています。世の中が進化し続ければ、顧客の求めるサービスは変化して当然です。そして2...続きを読む

【レポート】日本ブランド経営学会Salon #23『顧客共感を呼び起こすブランドムービーの 

2020年8月20日、オンラインにて日本ブランド経営学会サロン第23回が開催され、オンラインで約30名の方が参加されました。 日本ブランド経営学会は、ブランディングの視点から日本の企業経営...続きを読む

共に向き合う、人と心と時間が最良の店づくりへの秘策。【後編】 

人気居酒屋『庄や』『日本海庄や』を全国展開する株式会社大庄が、2019年12月、池袋西口にオープンした新業態『お魚総本家』。「腕に、魚に、こだわり抜く」をビジョンに掲げ、選りすぐりの鮮魚...続きを読む

会社に流れる職人魂とおもてなし精神を再確認。リブランディングで見えてきた、新しい店づくりの 

人気居酒屋『庄や』『日本海庄や』を全国展開する株式会社大庄が、2019年12月、池袋西口にオープンした新業態『お魚総本家』。「腕に、魚に、こだわり抜く」をビジョンに掲げ、選りすぐりの鮮魚...続きを読む

まずはこの記事から

タイアップ記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング