経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

コミュニケーション の記事一覧

_46C7315

400店より400年。愛の深いコッペパンを、今日も丁寧につくっていく。#1

【吉田パンのブランド論】第1回 「吉田パンを食べて吉がくる・・・そんなコッペパンでありたい。」というコピーを掲げ、朝から行列ができるほどの人気を博すコッペパン専門店が東京・亀有にある。...続きを読む

スクリーンショット 2017-12-08 9.30.53

【2018/7/4開催】採用ブランディング勉強会・制作物編

ほとんど多くの企業がやっている失敗。 ムダな制作物の作り方! 今年1月、「無名✕中小企業でもほしい人材を獲得できる採用ブランディング」(幻冬舎)を出版。紀伊国屋東京駅一番街店や三省...続きを読む

_46D3291

長く愛され続ける。伝統とはブランド構築そのもの。#3

【デポリーバのブランド論】第3回<最終回> 日本古来の繊細な裂き織り(駿河裂き織り)と刺子に、国内・海外産の高級レザーを取り入れたデザインで人気を博す「depoliva(デポリーバ)」...続きを読む

_46D3598

Made in Japanのこだわりや価値を、日本人にこそ知ってほしい。#2

【デポリーバのブランド論】第2回 日本古来の繊細な裂き織り(駿河裂き織り)と刺子に、国内・海外産の高級レザーを取り入れたデザインで人気を博す「depoliva(デポリーバ)」。日本の優...続きを読む

_46D3587

古き良き伝統を活かし、 唯一無二の鞄をつくる。#1

【デポリーバのブランド論】第1回 日本古来の繊細な裂き織り(駿河裂き織り)と刺子に、国内・海外産の高級レザーを取り入れたデザインで人気を博す「depoliva(デポリーバ)」。日本の優...続きを読む

_46D0456

農家、酒蔵、酒販店。みんなが喜ぶために必要なこと。#3

【いにしえ酒店のブランド論】第3回<最終回> 東京・杉並区方南町の路地裏に、日本全国の古酒好きが集まる熟成日本酒を専門にしたお店がある。その名も、「いにしえ酒店」。2016年のオープン...続きを読む

_46C9254

旅をするのに、境遇なんて関係ない!

スタートアップのブランド論対談<SAGOJO新拓也>第3回〈最終回〉 友人たちとの温泉旅行や、海外での一人旅。家族旅行など、誰しもが旅をした経験はあるだろう。しかし、それをただの旅行で...続きを読む

_46D0979

じっくり酒と向き合う。古酒ならではの楽しみ方がある。#2

【いにしえ酒店のブランド論】第2回 東京・杉並区方南町の路地裏に、日本全国の古酒好きが集まる熟成日本酒を専門にしたお店がある。その名も、「いにしえ酒店」。2016年のオープン依頼、多く...続きを読む

_46D1068

嫌いだった日本酒で、新しい人生がはじまった。#1

【いにしえ酒店のブランド論】第1回 東京・杉並区方南町の路地裏に、日本全国の古酒好きが集まる熟成日本酒を専門にしたお店がある。その名も、「いにしえ酒店」。2016年のオープン依頼、多く...続きを読む

businessman-1765641_1920

「らしくない」人を採用することは、誰のためになるのか。

人が集まる企業だからこそできる採用方法。 集まった人を選ぶ、横綱採用。 4/25のダイヤモンド・オンラインで「メガ銀が『銀行員らしくない』新卒採用を重視、銀行も”銀行離れ”」という...続きを読む

新着記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング