経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

連載記事 の記事一覧

office-594132_1920

2017.06.20

戦術ばかり学んでも活かせない。

事例はどこまで行っても事例。 大企業の事例が参考にならない訳。 つい先日、とあるセミナーに出てみたのですが、誰でも知っている某企業のプロモーション担当方が一生懸命、自社のプロモーショ...続きを読む

supermarket-shelf-1094815_1920

2017.06.16

ブランドが消える理由。

とにかく新商品をつくり続けるは無駄。 「自分たちのこだわり」を吹き込めるか。 よく、コンビニで生き残る商品は「せんみつ」と呼ばれます。1000の商品のうち、3つしか残らないという意味...続きを読む

_46B5517

2017.06.14

選択につながるイメージをつくれているか。

学習院大学経済学部教授 青木幸弘 【選ばれるブランドになるために】 第1回 ブランドとは何なのか。さまざまな解釈、考え方や方法論があるが、どういうアプローチを経ても、選ばれなければ「...続きを読む

the-first-967469_1920

2017.06.13

独占状態をつくれたら最強。

カテゴリーをつくって、そこでナンバーワンになるが究極。 完全競争とは、つまりコモディティ化。 早稲田大学ビジネス・スクールに通っている頃、「世界的なビジネス・スクールで、経済学をコア...続きを読む

hatena-1184896_1920

2017.06.09

クレドはいくつがベストか。

企業としての「意志」が現れる。 大事なニュアンスは残したいが、なるべく数を絞って覚えやすい方がいい。そのせめぎあい。 ブランディングの中でも、企業ブランディングになると、その始まりは...続きを読む

_46B7038

2017.06.07

目指す姿に会社を成長させるエンジンが、ブランド構築だ。

【効果が出なければブランド構築じゃない。第5回<最終回>】 「ブランドをつくろう!」と思った時に、何から始めればいいのか悩む経営者は多い。おそらく、外部のさまざまなパートナーを検討する...続きを読む

team-spirit-207319_1920

2017.06.06

CHROこそ企業ブランドをつくるブランドマネージャーだ。

CHROとは何か。どんな価値をもたらす人なのか。 わざわざ「CxO」をつける意味とは。 経営の所有と執行をわける考え方である「CxO」はアメリカに端を発し、2000年以降爆発的に増え...続きを読む

rectangle_large_6061f9451b56f23fa413b02cb90a43ba

2017.06.02

良い「企業理念」ってあるの?って言うか何でつくる必要があるの?

『理念』というと、会社のHPや額縁の中の言葉で、普段使わないイメージですが、「御社は何をやっている会社ですか?」と聞かれた時に、「アプリを制作している会社」と言うか「ゲームを通して、世界...続きを読む

_46B6956

2017.05.31

その言葉は、企業の未来を切り拓くか。

【効果が出なければブランド構築じゃない。第4回】 「ブランドをつくろう!」と思った時に、何から始めればいいのか悩む経営者は多い。おそらく、外部のさまざまなパートナーを検討するだろう。そ...続きを読む

tsa1

2017.05.30

「トイレその後に」に学ぶ、“非・幕の内弁当”のブランドづくり

【ブランドづくりのコトバ脳 vol.2】 第1回目は『ウォシュレット』をテーマに、機能するネーミングのヒケツをひも解いていきましたが、今回は小林製薬の『トイレその後に』を教材に、突き抜...続きを読む

新着記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング