経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

ケーススタディ の記事一覧

BRANDTHINKING171009-2-8

やってみる、参加するが、地域活性化、さらには幸せにつながる。#2

山梨学院大学現代ビジネス学部教授 今井久 【地域活性化の課題と実践 第2回】(全3回) 経済学と医科学の博士号に、MBA。地域経済を対象に研究を行い、地域活性化への取り組みや提言な...続きを読む

46C5008

違いの分かる人に、自分たちの良さが分かればいい。#1

【フライハイトのブランド論 第1回】(全3回) ゴルフ人口の減少とは裏腹に、コアなゴルフファンから熱狂的に支持されているクラブは数多くある。フライハイトはそのひとつ。2013年の創業と...続きを読む

BRANDTHINKING171008-42

売上は予想の3倍以上。同世代の気持ちを動かしたかった。#2

モモハナ 竜沢華林 【ストーリーは必然だ 第2回】 若干19歳。山梨県立大学に通う2年生。高校時代、多くの同級生が東京をはじめ県外に進学する中で、「山梨の良さを伝えたい」と県内に残...続きを読む

BRANDTHINKING171009-2-25

外に向いていた人々の心が、少しずつ地元に戻ってきた。#1

山梨学院大学現代ビジネス学部教授 今井久 【地域活性化の課題と実践 第1回】(全3回) 経済学と医科学の博士号に、MBA。地域経済を対象に研究を行い、地域活性化への取り組みや...続きを読む

BRANDTHINKING171008-26

私がやる必然が、そこにあった。#1

モモハナ 竜沢華林 【ストーリーは必然だ 第1回】 若干19歳。山梨県立大学に通う2年生。高校時代、多くの同級生が東京をはじめ県外に進学する中で、「山梨の良さを伝えたい」と県内に残...続きを読む

_46C3467

旅するように、日本酒を味わって欲しい。#1

【SAKE storyのブランド論】第1回 2016年Mr.SAKEコンテストグランプリ。飲食業界の異端児とも言われ、常に新しいことを考え、即実行する橋野氏。類まれな行動力により酒蔵さ...続きを読む

man-2140606_1920

なぜ採用フローはどの企業も同じなのか。

法律で決まっているわけでもないのに、ほぼ同じフロー。 フローに「違い」が出るから、差別化される。 BRAND THINKINGでは、採用領域でのブランディングは、企業ブランド構築の入...続きを読む

46C3893

大義はあるか。使命はあるか。永く愛されるブランドの条件。#5

駒澤大学経営学部教授 青木茂樹 【理論と実践のブランド論 第5回<最終回>】 論文や著書、コラムなど積極的に知見を発表する一方で、自らNPOを立ち上げ、理事長として地域活性に取り組...続きを読む

46C4206

ローカルから、グローバルへ羽ばたくブランドが生まれて行くはず。#4

駒澤大学経営学部教授 青木茂樹 【理論と実践のブランド論 第4回】 論文や著書、コラムなど積極的に知見を発表する一方で、自らNPOを立ち上げ、理事長として地域活性に取り組む青木氏。...続きを読む

46C4265

組織を超えて、クロス・バリューチェーンを描け!#3

駒澤大学経営学部教授 青木茂樹 【理論と実践のブランド論 第3回】 論文や著書、コラムなど積極的に知見を発表する一方で、自らNPOを立ち上げ、理事長として地域活性に取り組む青木氏。...続きを読む

新着記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング