経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

数字と向き合うことは、ユーザーと会話すること。#2

【新生Gunosyのブランド論】第2回

46D8467

Gunosyはキュレーションメディアの先駆けとして2013年にアプリをリリース。個人の趣味嗜好に合った記事を独自のアルゴリズムによって配信するというサービスに磨きをかけ、国内最大級のニュースアプリの地位を確立。「ニュースパス」や「LUCRA(ルクラ)」など他のメディアも次々と立ち上げ、累計3,354万ダウンロード(2018.5月末現在)となった。ブロックチェーン事業の加速を狙い、創業者の福島氏は取締役 ファウンダーとなり子会社である株式会社LayerXの代表取締役社長に就任。これまで福島氏と2人で共同代表として牽引してきた竹谷氏が単独で代表取締役CEOとなった。竹谷氏から見えていたGunosyの過去や現在地、そして今後の展開についてたっぷりと話を聴いた。

 

聞き手・文:BRAND THINKIKNG編集部 撮影:落合陽城

 

エゴでつくると、ヒットしない。

——エンジニアには「こういう世界をつくりたい」という強い動機を持っている人も多そうです。

エンジニアもつくり手ですから、最初は「こういうのがつくりたい!」という強烈な動機があると思います。ただ、Gunosyはデータに基づく意思決定を重要視していて、それを純粋に追いかけている会社です。。KPIを追うことは、ユーザーとの会話そのものだと思っています。だからGunosyがつくるメディアはヒットする率が高いのだと思います。これまでもいろんなサービスをつくってきましたが、8割くらいは事業として成立しています。メディアって、つくる側のエゴでつくってしまうと、事業としてとても成立しにくいんじゃないかと思います。誰でもつくれる時代になったとは思いますし、やっていてつくりたいものを送り出すのは気持ちいいんですけどね。でもそれをやると、すぐにキャッシュは無くなっていきます。そういう経験も過去にはありました。事業として成立しなければ、つくりたいものもつくれなくなります。私たちは毎日KPIをチェックし、PDCAを高速で回すことで、それこそサービスの大事にしていた部分でさえ変える決断を厭わない。そんなふうに思っています。

 

いかに気持ちよく働いてもらえるか。

——エンジニアの個性をどうマネジメントしているのですか。

彼らは非常に優秀で、技術力もあって、自分の意志もしっかりもっている。だから上から抑えつけるようなマネジメントはよくありません。反発を生むだけです。それでは、いいものができなくなってしまう。そうなると、元も子もないわけです。だから私の場合は、彼らがいかに気持ちよく働けるか。そればかり考えてきました。そしてエンジニアの考え方によって、伝え方も変えます。いかにモチベーション高く働いてもらえるか。タレントを活かすというのはそういうことなのだと思っています。Gunosyは編集長がいません。人がメディアをつくっているのではなく、ユーザー一人ひとりに合ったメディアを人工知能や機械学習を活用して届けています。ここに現れる数値を細かく追っていき、それを検証、改善することで、さらに精度が高くなります。サービスを成長させるための鍵はエンジニアにありますからね。

46D8016

マスを狙う。でも伝える情報はみんな違う。

——「グノシー」や他の様々なメディアはどんな人に読んでほしいと思ってつくられてきたのですか。

一つ言えるのは、マスを捉えたいということ。メディアのテーマはいろいろです。「グノシー」はエンタメ、「ニュースパス」はしっかりとしたニュースをまじめに、など。多くのユーザーに読んでもらわなければ、事業として成立しません。日本は約1億2000万人の国で、これから少子化していくことは誰でもわかっていることです。その中で7,000〜8,000万の人が既にスマホを持っていて、ここから劇的にのびていくことは考えづらい。私たちは高い技術力があるという自負はありますが、でもそれってユーザーにとっては関係のないこと。使いやすくて、読みやすくて、そして自分にとって楽しいことが重要じゃないですか。そうでなきゃ、使ってもらえないです。だから大きく言えばマスマーケットを意識しているんですが、届ける情報は一人ひとり違います。使う人の分だけ、違う見出しが並んでいいんですよね。好みはみんな違うわけだから。これをテクノロジーでどう実現するかというところが私たちがずっと追いかけていることです。

 

第3回へ続く

 

46D8364

竹谷祐哉
株式会社Gunosy 代表取締役 最高経営責任者(CEO)
早稲田大学創造理工学部経営システム工学科卒業。グリー株式会社を経てGunosyに参画。2013年8月取締役最高執行責任者、2016年8月代表取締役最高執行責任者を経て、2018年8月より代表取締役最高経営責任者に就任。




まずはこの記事から

最新連載記事

人物から記事を探す

  • 株式会社Gunosy 代表取締役 最高経営責任者(CEO)

    竹谷祐哉

  • 株式会社イエローズ 代表取締役・バーガー研究家

    白根智彦

  • 株式会社土田酒造 代表取締役

    土田祐士

  • 株式会社スペースリー 代表取締役

    森田博和

  • 新田商店 代表取締役

    新田正明

セミナー・イベント情報

ランキング