経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

ブランド脳を、鍛えよう

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

新着記事

誰でもログインなしで閲覧できます

私がやる必然が、そこにあった。#1

モモハナ 竜沢華林 【ストーリーは必然だ 第1回】 若干19歳。山梨県立大学に通う2年生。高校時代、多くの同級生が東京をはじめ県外に進学す...続きを読む

無料会員登録ですべての
記事が閲覧できます

無料会員登録はこちらから

concept-2959608_1920

イノベーションはブランド化しなければ意味がない。

イノベーションをブランド化するとは。 真似されないための防衛手段でもある。 現在のブランド論を体系作ったアーカーは、「イノベーションをブランド化すべき」という主張をしています。「ブラ...続きを読む

jogging-2343558_1920

2017.11.29

「陸王」が成功する理由。

ブランド論的「陸王」の楽しみ方。 ビジョンがある。ペルソナ化ができている。強みを活かせている。 池井戸潤原作のTBSドラマ「陸王」が人気を博しています。埼玉で足袋製造を営む「こはぜ屋...続きを読む

_46C3467

旅するように、日本酒を味わって欲しい。#1

【SAKE storyのブランド論】第一回 2016年Mr.SAKEコンテストグランプリ。飲食業界の異端児とも言われ、常に新しいことを考え、即実行する橋野氏。類まれな行動力により酒蔵さ...続きを読む

business-561387_1920

ポジショニングが大事か、リソースが大事か。

ブランドの理論と比較して考えてみる。 ブランド構築は、シェア拡大にも、差別化にも効く。 経営学を少し勉強してきた方であれば、この2つの議論について聞いたこと程度はあるのではないでしょ...続きを読む

man-2140606_1920

なぜ採用フローはどの企業も同じなのか。

法律で決まっているわけでもないのに、ほぼ同じフロー。 フローに「違い」が出るから、差別化される。 BRAND THINKINGでは、採用領域でのブランディングは、企業ブランド構築の入...続きを読む

46C3893

大義はあるか。使命はあるか。永く愛されるブランドの条件。#5

駒澤大学経営学部教授 青木茂樹 【理論と実践のブランド論 第5回<最終回>】 論文や著書、コラムなど積極的に知見を発表する一方で、自らNPOを立ち上げ、理事長として地域活性に取り組...続きを読む

machine-2881168_1920

BtoB企業こそ、ブランディングが必要な理由。

予算がなくてもできるBtoBのブランディング。 きっかけはなんでもいい。その過程で語れるものが必ずあるはず。 BtoC企業、例えばメーカーであれば商品は店頭に並べられ、その棚を巡って...続きを読む

iocenters-2673328_1920

2017.11.15

理念は社長がつくるべきか、社員と一緒につくるべきか。

社長がつくれば速い。メンバーを絡ませたほうが長い目で本質的。 つくるところから、浸透もはじまっている。 理念の重要性は、BRAND THINKINGでも再三指摘してきました。それはブ...続きを読む

46C4206

ローカルから、グローバルへ羽ばたくブランドが生まれて行くはず。#4

駒澤大学経営学部教授 青木茂樹 【理論と実践のブランド論 第4回】 論文や著書、コラムなど積極的に知見を発表する一方で、自らNPOを立ち上げ、理事長として地域活性に取り組む青木氏。...続きを読む

network-1020332_1920

ソーシャルエコノミー時代こそ理念が武器になる。

グローバルに強いブランドは、高次の理念を持っている。 世界は、理念の共有へ。 田中洋・編『ブランド戦略全書』(2014・有斐閣)はおそらく日本のマーケティング、ブランド研究の第一人者...続きを読む

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング