ブランド脳を、鍛えよう

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウント登録していただけます。会員登録するとサイト全ての記事が閲覧できるようになります。

新着記事

誰でもログインなしで閲覧できます

2017.03.29

リーダーが目標をどこに置くかで、組織の行く先がすべて決まる。

【ブランドは見えない組織風土でつくられる 第3回】 「従業員はブランドを演じる存在になれ」とは、今日のブランド論を体系立てたアーカー氏が書いた...続きを読む

無料会員登録ですべての
記事が閲覧できます

無料会員登録はこちらから

_46B5073

理念さえ毎年見直す。それがカヤックの文化だから。

【カヤックのブランド論対談 第1回】 カヤックは言わずと知れた日本で最も有名なIT企業のひとつ。複数代表を置く共同経営の先駆けでもある。2014年に上場し、受託事業やゲーム開発だけでな...続きを読む

_46B4138

2017.03.22

組織の本当の強みは、意識すらされない文化の中にある。

【ブランドは見えない組織風土でつくられる 第2回】 「従業員はブランドを演じる存在になれ」とは、今日のブランド論を体系立てたアーカー氏が書いた言葉だ。その後、広告を中心とするプロモーシ...続きを読む

_46B1462

すべての総務は、戦略総務へと変わる。

【月刊総務のブランド論 第1回】 月刊総務は創刊から54年続く老舗雑誌。これまで何回か出版元の会社は変わったものの、月刊総務のブランドはずっと続いている。わかっているだけでも3人の編集...続きを読む

スクリーンショット 2017-03-17 6.56.00

2017.03.17

「コーポレート・アイデンティティ」と「人事制度」の連動について

【スタートアップのCEOだからこそ身につけたいブランディング思考】no.11 『ブランディング』というと「ロゴ」などをイメージしますが、 通常は、企業のコーポレート・アイデンテ...続きを読む

unspecified

CHROは、予算を達成するための人材戦略を描け。

【2017/2/16開催レポート】 TOKYO BRANDING LABO vol.4「CHRO×BRANDINGの未来とは?」 2/16(木)に「TOKYO BRANDING LABO...続きを読む

_46B4008

式年遷宮みたいに、ずっと続くしくみをつくれるだろうか。

スタートアップのブランド論対談<オモロキ鎌田武俊>第3回 「ボケて」は2007年からスタートした、お題を出して、それに対してボケ合うユーザー参加型のサイト。これまでの累計ボケ投稿数は5...続きを読む

_46B4460

2017.03.15

組織はリーダーよりも、フォロワーづくりが、肝になる。

【ブランドは見えない組織風土でつくられる 第1回】 「従業員はブランドを演じる存在になれ」とは、今日のブランド論を体系立てたアーカー氏が書いた言葉だ。その後、広告を中心とするプロモーシ...続きを読む

home-office-599475_1920

2017.03.14

どう言うかより、何を言うか。

表現ありきで考えてしまうと、効果が出ない。 多くの企業(の広告)や若い制作者がやりがちなのが、「どう言うか」をひたすら考えてしまうことだと思います。 どう言えば、一番世の中を動かせるか。こ...続きを読む

_46B2042

世界にどれだけの「中毒者」をつくれるだろうか。

【ギフトのブランド論 第3回】 町田商店は2008年に産声を上げた家系ラーメン。今や直営30店舗、フランチャイズは全国に320店舗を超え、家系最大を誇るまでになった。シンガポール、ロサ...続きを読む

スクリーンショット 2017-03-09 13.54.26

2017.03.10

企業経営の最上位の概念は『コーポーレート・アイデンティティ (CI)』である。

【スタートアップのCEOだからこそ身につけたいブランディング思考】no.10 ビジョンは、決して「聞こえの良いきれいな言葉」を作ればいいわけではありません。   企業に関わる...続きを読む