経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

ターゲット の記事一覧

PDCAサイクルにおける広告運用

デジタル施策における効果効率の追求とブランド価値。

望まない広告掲載面への掲載はなぜ起きるのか 前回のエントリーでは,近年話題となっている「ブランドセーフティー」というキーワードを中心に,インターネット広告施策におけるブランド毀損の危険...続きを読む

企業成長の新概念、ブランド実践™のメカニズム。

【働きがいこそ、ブランド構築 前編】 ブランド構築に関して、その数多くの書籍や論文は広告宣伝を中心としたコミュニケーション分野を中心に発展してきた。しかし今日のブランド論を形作ったアー...続きを読む

心が変われば、世の中はポジティブに、サスティナブルに。

【スタートアップのブランド論対談<ペライチ>第3回】 このネット社会において、企業だけでなく、個人でホームページを持っている人も少なくない。しかしその中で、ホームページを作りたくてもパ...続きを読む

数字と向き合うことは、ユーザーと会話すること。#2

【新生Gunosyのブランド論】第2回 Gunosyはキュレーションメディアの先駆けとして2013年にアプリをリリース。個人の趣味嗜好に合った記事を独自のアルゴリズムによって配信すると...続きを読む

天才たちがつくる技術を信じていた。#1

【新生Gunosyのブランド論】第1回 Gunosyはキュレーションメディアの先駆けとして2013年にアプリをリリース。個人の趣味嗜好に合った記事を独自のアルゴリズムによって配信すると...続きを読む

いつかハンバーガーを文化遺産に。#3

【バーガー研究家・白根智彦のバーガー・ビジョン 第3回】 今や「ハンバーガー」のお店は日本全国にあり、誰でも手軽に食べられる。ハンバーガーを食べたことのない人はごく少数だろう。そんな中...続きを読む

技術を突き詰めると、神様に祈る気持ちも、大きくなる。#3

【土田酒造のブランド論】第3回 群馬の山深い場所に、土田酒造はある。1907年創業。200年、300年続く蔵の多い中で、日本酒の世界では新しい部類に入る。しかし戦前にはすでに当時の日本...続きを読む

最先端を突き詰めたら、一番伝統的なやり方になった。#2

【土田酒造のブランド論】第2回 群馬の山深い場所に、土田酒造はある。1907年創業。200年、300年続く蔵の多い中で、日本酒の世界では新しい部類に入る。しかし戦前にはすでに当時の日本...続きを読む

常識破り。すべて生酛系の山廃酵母でつくる酒造り。#1

【土田酒造のブランド論】第1回 群馬の山深い場所に、土田酒造はある。1907年創業。200年、300年続く蔵の多い中で、日本酒の世界では新しい部類に入る。しかし戦前にはすでに当時の日本...続きを読む

デートに役立つほど、VRをあたりまえに。#3

【スタートアップのブランド論対談<スペースリー森田博和>第3回】 近年、VR技術の発展が目覚しい。一般消費者にもVRデバイスが販売されたことにより、実際に体験された方も多くいるだろう。...続きを読む

まずはこの記事から

タイアップ記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング