経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

ブランド構築と著作権。

copyright-15182_1920

著作権は常に作った人にある。

ブランド構築をしていくと、特に企業ブランドや商品・サービスブランドの場合、ネーミングやスローガン、VI(ロゴ)を開発し、それを皮切りにHPや印刷物の制作が始まります。制作物に入る前には、入念な取材やワークショップを繰り返し行い、ブランドの性格をプロジェクトチームで決めていきます。いわゆる「ブランド・ブリーフ」を決めていくわけです。

新着記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング