新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

CHRO の記事一覧

team-spirit-207319_1920

2017.06.06

CHROこそ企業ブランドをつくるブランドマネージャーだ。

CHROとは何か。どんな価値をもたらす人なのか。 わざわざ「CxO」をつける意味とは。 経営の所有と執行をわける考え方である「CxO」はアメリカに端を発し、2000年以降爆発的に増え...続きを読む

_46B6685

2017.05.24

心の底に想いがあるブランドは、きっとうまくいく。

【効果が出なければブランド構築じゃない。第3回】 「ブランドをつくろう!」と思った時に、何から始めればいいのか悩む経営者は多い。おそらく、外部のさまざまなパートナーを検討するだろう。そ...続きを読む

hiring-1977914_1920

2017.05.16

就活生が評価する採用サイトランキングの意味。

ランキングにこだわる必要はない。 単にマネしても効果はない。 5/11に東洋経済オンラインに、「就活生が高く評価する採用サイト32」という記事が掲載されました。見やすさということで、...続きを読む

handshake-2056023_1920

2017.05.01

だから採用できないし辞める。

理念で採用すれば、うまくいく。 志望動機に理念共感は是か非か。 そろそろ大手企業中心に内定が出る時期になりました。「志望動機で企業理念に共感しましたは気をつけろ」という記事が、志望動...続きを読む

スクリーンショット 2017-04-27 13.30.51

2017.04.28

『VISIONの本質』VISIONがある人は、手段がなくならない。

【スタートアップのCEOだからこそ身につけたいブランディング思考】no.16 スタートアップを見てきておりますが「ロジック(左脳)」型と「イメージ(右脳)」の経営者がおります。 どちらが...続きを読む

Parrot on the branch, abstract animal concept

2017.04.21

成長を続ける企業/伸び悩む企業のCEOに共通する1つのこと。

【スタートアップのCEOだからこそ身につけたいブランディング思考】no.15 今でも平均15社とパートナー、100社以上のCEOを見ていますが、1つの共通する部分としての思考方法として「現...続きを読む

_46B4842

「面白法人」と「つくる人を増やす」がカヤックの戦い方。

【カヤックのブランド論対談 第2回】 カヤックは言わずと知れた日本で最も有名なIT企業のひとつ。複数代表を置く共同経営の先駆けでもある。2014年に上場し、受託事業やゲーム開発だけでな...続きを読む

_46B5073

理念さえ毎年見直す。それがカヤックの文化だから。

【カヤックのブランド論対談 第1回】 カヤックは言わずと知れた日本で最も有名なIT企業のひとつ。複数代表を置く共同経営の先駆けでもある。2014年に上場し、受託事業やゲーム開発だけでな...続きを読む

スクリーンショット 2017-03-17 6.56.00

2017.03.17

「コーポレート・アイデンティティ」と「人事制度」の連動について

【スタートアップのCEOだからこそ身につけたいブランディング思考】no.11 『ブランディング』というと「ロゴ」などをイメージしますが、 通常は、企業のコーポレート・アイデンテ...続きを読む

unspecified

CHROは、予算を達成するための人材戦略を描け。

【2017/2/16開催レポート】 TOKYO BRANDING LABO vol.4「CHRO×BRANDINGの未来とは?」 2/16(木)に「TOKYO BRANDING LABO...続きを読む

新着記事

最新連載記事

セミナー・イベント情報

ランキング