経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

連載記事 の記事一覧

スクリーンショット 2018-01-22 11.02.20

2018.01.24

企業理念を理解している人は、将来活躍するイメージを持っている。

致命的な2倍以上の差。 むすび株式会社調べ2017.12   理念・価値観を理解せず入社するのは不幸を招く。 昨年末、私たちが行った調査は、入社3年目以内の新人社員が自社の理念・価値...続きを読む

スクリーンショット 2017-12-21 9.24.26

2018.01.17

「給与が低い60%の不満」から読み解く採用ブランディング。

景気上昇、大企業志向の現れ。   ミスマッチゼロに向けて努力するのが採用の本質。 12月に行い、弊社むすびから発表した入社3年目以内の新人社員へのアンケート調査。今回は「不満」をキ...続きを読む

スクリーンショット 2017-12-19 19.12.50

2018.01.12

採用時の理念共感の有無でつく入社後の20ポイント差。

入社時の理念・価値観の理解が、会社への愛着を増やす。   採用ブランディングこそ、経営にとって本質的かつ最強の採用方法。 昨年末、入社3年目までの社員を対象に、採用時の理念共感の有...続きを読む

BRANDTHINKING171009-2-29

ソーシャル・キャピタルは、人の心と地域を豊かにする。#3

山梨学院大学現代ビジネス学部教授 今井久 【地域活性化の課題と実践 第3回】<最終回> 経済学と医科学の博士号に、MBA。地域経済を対象に研究を行い、地域活性化への取り組みや提言な...続きを読む

BRANDTHINKING171009-2-8

やってみる、参加するが、地域活性化、さらには幸せにつながる。#2

山梨学院大学現代ビジネス学部教授 今井久 【地域活性化の課題と実践 第2回】(全3回) 経済学と医科学の博士号に、MBA。地域経済を対象に研究を行い、地域活性化への取り組みや提言な...続きを読む

BRANDTHINKING171009-2-25

外に向いていた人々の心が、少しずつ地元に戻ってきた。#1

山梨学院大学現代ビジネス学部教授 今井久 【地域活性化の課題と実践 第1回】(全3回) 経済学と医科学の博士号に、MBA。地域経済を対象に研究を行い、地域活性化への取り組みや...続きを読む

名称未設定-4

2017.12.13

自社コンテンツは売上につながるか。

コンテンツ・マーケティングはやがて売上に寄与する。     証明することは、ブランディングを行う企業を増やすかもしれない。 コンテンツ・マーケティングが叫ばれて、多くの...続きを読む

drill-444493_1920

2017.12.06

BtoB企業が採用に苦戦する訳と勝てる唯一の方法。

自社にしか言えないストーリーがあるはず。 言わなければ、伝わらない! BtoB企業は大手企業でも採用に苦戦する場合があります。その理由は簡単で、知名度が低いからです。巷の就職人気企業...続きを読む

jogging-2343558_1920

2017.11.29

「陸王」が成功する理由。

ブランド論的「陸王」の楽しみ方。 ビジョンがある。ペルソナ化ができている。強みを活かせている。 池井戸潤原作のTBSドラマ「陸王」が人気を博しています。埼玉で足袋製造を営む「こはぜ屋...続きを読む

man-2140606_1920

なぜ採用フローはどの企業も同じなのか。

法律で決まっているわけでもないのに、ほぼ同じフロー。 フローに「違い」が出るから、差別化される。 BRAND THINKINGでは、採用領域でのブランディングは、企業ブランド構築の入...続きを読む

新着記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング