経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

2017.04.28

『VISIONの本質』VISIONがある人は、手段がなくならない。

【スタートアップのCEOだからこそ身につけたいブランディング思考】no.16

スタートアップを見てきておりますが「ロジック(左脳)」型と「イメージ(右脳)」の経営者がおります。

どちらが絶対に正しい間違いもないですし、バランスもあります。VISIONは、言葉として見える形で表現されますが、本質的には『VISION』は、映像です。

辞書を開くと、1 将来の構想。展望。また、将来を見通す力。洞察力。「リーダーに―がない」「―を掲げる」2 視覚。視力。また、視覚による映像。(出典:デジタル大辞泉)と書いてあります。CEOとって、実現してる社会が見えている状態です。それは具体的であるほど良いです。

   

まずはこの記事から

最新連載記事

人物から記事を探す

  • 株式会社Gunosy 代表取締役 最高経営責任者(CEO)

    竹谷祐哉

  • 株式会社イエローズ 代表取締役・バーガー研究家

    白根智彦

  • 株式会社土田酒造 代表取締役

    土田祐士

  • 株式会社スペースリー 代表取締役

    森田博和

  • 新田商店 代表取締役

    新田正明

セミナー・イベント情報

ランキング