経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

2017.02.10

「ブランド広告の本質」とプロセスについて。

【スタートアップのCEOだからこそ身につけたいブランディング思考】no.8

普段、コーポレート・アイデンティティ(CI)から、社内から外にどうやって伝えるかです。

その中で、相性が良いのは、「ブランド」×「広告」=『ブランド広告』です。

顧客の抱える問題レベルに合わせて、訴求する内容を変えていくことです。

例えば「お金がない」人に、対して「お金を貸します」は浅い解決手段になってしまいます。
ここでもし企業であれば、金利や、1ヶ月無利子など、条件勝負になってしまい、疲弊していく戦いになってしまいます。

じゃあ、どうすれば良いかは、簡単に言うと3つのプロセスとなります。

1)顧客問題の深堀り(顧客が抱えている問題の本質は何か?)<...

まずはこの記事から

最新連載記事

人物から記事を探す

  • 株式会社Gunosy 代表取締役 最高経営責任者(CEO)

    竹谷祐哉

  • 株式会社イエローズ 代表取締役・バーガー研究家

    白根智彦

  • 株式会社土田酒造 代表取締役

    土田祐士

  • 株式会社スペースリー 代表取締役

    森田博和

  • 新田商店 代表取締役

    新田正明

セミナー・イベント情報

ランキング