経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

PR記事/広告掲載のご希望のみなさまへ

ブランドを深堀する記事で

ファンへの入り口になります。

BRAND THINKING_PR記事とは

貴社(や貴社ブランド)を取材し、記事体広告を作成。ブランドの背景にある想いや、その成り立ちやこれからのビジョンを深掘りし、記事にすることで、ブランドを知り、ファンになるきっかけづくりのお手伝いを行います。

BRAND THINKINGが実現したいこと

BRAND THINKINGのスローガンは「ブランド脳を、鍛えよう」です。経営に正しいブランディングの知識を用いることで、企業成長のヒントとなり、加速していく企業を増やすことを意図としてつくられたメディアです。ブランドに関する本がたくさん出回って、さまざまな記事があるにもかかわらず、ブランドに関する正しい知識を持っている人は少なく、それが企業経営に応用されている例は、まだまだ少ないと感じています。私たちはBRAND THINKINGを通して、正しいブランド論や事例を提供し、一つでも多くの企業の成長をサポートしていきたいと考えています。

BRAND THINKINGが提供できる価値。

ブランドの基本的知識を持った人間が取材し、執筆することで、ブランドに込められた背景、想い、ビジョンを伝わる形で発信することができます。プロのライターが読者への伝えたいメッセージを構築し、長期的なファンを増やすための記事をご提案いたします。

一方的な商品礼賛記事はお断りする場合があります。

ブランディングとはファンづくりそのものであり、だとすれば、BRAND THINKINGのタイアップ記事広告は長期的なファンになっていただくためのきっかけづくりです。よく有名人のブログにある一方的に褒めて紹介するだけのタイアップでは長期的なファンにはなりえません。記事を通じてブランドの深い部分まで描き出すことで、それは達成できると考えています。

短期的な販売促進には向きません。

ブランディングにとって重要なのは良質なファンをいかに作れるかです。認知した段階で深い感動があればあるほど、その記憶は長くとどまり、ファン化を促進すると考えています。ではそのきっかけはなにか?ファン化に必要なのはそのブランドのビジョンを伝えることであり、想いそのものです。それがつまり世間で言うところのストーリーです。これを伝えていくためには記事化がもっともベストな選択です。マーケティング的に短期的な効果を上げるのであれば他の方策が無数にあります。

PR記事/広告掲載のお申込み・お問い合わせはこちら

まずはこの記事から

最新連載記事

人物から記事を探す

  • 株式会社Gunosy 代表取締役 最高経営責任者(CEO)

    竹谷祐哉

  • 株式会社イエローズ 代表取締役・バーガー研究家

    白根智彦

  • 株式会社土田酒造 代表取締役

    土田祐士

  • 株式会社スペースリー 代表取締役

    森田博和

  • 新田商店 代表取締役

    新田正明

セミナー・イベント情報

ランキング