経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

採用力を高めることで、企業の成長を後押しする。#3

【ベッセルの採用ブランド論 第3回<最終回>】

_B3A7766

広島県福山市に本社を置く株式会社ベッセルは現在(2017年9月)、全国にベッセルブランドのホテルを18店舗展開。2020年までに30店舗を目指し、アジアへの展開も見据えている。若手支配人候補の採用・育成が急務となる中、採用におけるブランディングに着目し、同社の採用を大きく改善させてきた。ブランディングによって、これまでの採用活動をどのように変えたのか。採用責任者である木下秀二氏に聴いた。

 

 

入社前から教育はスタートしている。

——内定者フォローで工夫されていることはありますか?

予算をかけるようになったこともあり、内定者フォローに関してもかなり変わってきています。たとえば、内定者全員を連れて沖縄で研修を行なったりもしています。研修という名の宿泊体験ですね。何か特別にレポートの提出を義務付けたりしているわけではありませんが、各自の気づきを言ってもらうようにしています。宿泊先は、当然自社のホテルですから、その気づきをサービスの向上につなげたり、本人の今後の仕事に役立ててもらえたら良いなと考えています。それから、これは余談なのですが、私が採用を担当するようになった1期生(木下塾1期生と呼んでいます)からの恒例行事として、入社式に新入社員による決意表明を実施させています。私からの指示は「全員参加」「10分以内」ということぐらい。他に具体的な指示は何もせず、新入社員だけでどんな発表にするかを考えてもらっています。今期入社の木下塾7期生41名は、モザイクアートでの発表の中に「福山は、世界だ。」というコンセプトを入れてくれました。就活時に触れた採用コンセプトを発表の中に入れてくれたことは、個人的にとても嬉しかったです。

モザイクアート

 

ベッセル入社が目標。そういう人を増やしたい。

——理想的な採用のあり方について教えてください。

個人的な想いとしては、人事が頑張らなくても採用がうまくいくようになればと思っています。「ベッセルに入社したい!」「ベッセル入社が目標」という人を増やし、先輩社員や人づて、口コミなどで良い人を採用できるようになっていけたらうれしいです。地元である福山に限って言えばそういう志望の学生もいるのですが、関東や関西などの学生にもそう思ってもらいたいです。そのためには、当然私たちのホテルの評価や従業員の満足度が高くないといけませんので、やりがいを持って楽しく働く人、キラキラ輝いている人を1人でも多く増やしたいですね。優秀な人からの応募があればもちろんうれしいですが、それがすべてではありません。私たちの想いに共感する人に来てほしいです。例えば採用ブランディングのプロジェクトで「自社の強みは何か」を書き出してみると、意外とバラバラな意見が出てきたのですが、これと同じことを数年後にやったとき、みんなが同じことを書けるようになっていたらカッコいいですよね。

 

採用に興味を持つ社員をもっと増やしたい。

——採用力を高めていくために、今後必要になることはどんなことでしょうか?

今後は、採用担当者の育成にも力を入れたいと思っています。私の後継者となるような担当者をもっともっと増やしたい。幸いなことに、私が採用の仕事をするようになって、社内にも人事や採用の仕事に興味を持ってくれる人が増えてきました。選考の過程で現場の社員にリクルーターをお願いすることも多く、採用活動に触れる機会、触れる人の数が増えてきたからだと思います。これは個人的にとても嬉しいことですし、会社にとってもすごく大きなことだと思います。たとえば、現場の社員が説明会で話をすることは、参加している学生にとってのメリットはもちろん、話をする本人にとってもプラスになることだと思います。現場の社員は、目の前の仕事に集中し、会社全体のことや会社の将来について思いを巡らせる機会はなかなか持てないものです。だからこそ、学生を前に自分の言葉で話をする機会が、改めて会社に思いを巡らせる機会となり、初心にかえって今の自分や仕事を見つめ直す良いキッカケになると思うのです。そういう社員が増えれば、会社はもっと強くなる。採用を通じて、会社全体を大きく成長させていきたいです。

(おわり)

 

聴き手・文:BRAND THINKIKNG編集部 撮影:櫻井充

_B3A7728

株式会社ベッセル 総務部 人事課 課長代理 木下秀二

2001年入社。宴会部、フロント、営業を経て、2010年に本社の人事課に配属。ベッセルの採用責任者として、あらゆる採用活動の企画から実施までを担当。自身が講師を務める新入社員研修を「木下塾」と称し、入社後のフォロー研修や育成にも力を入れており、社員からの人望も厚い。




新着記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング