経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

ケーススタディ の記事一覧

_46C7490

同じ価値観、オモロイ個性。それが企業を強くする。<後編>

オフィスボストンの採用ブランド論 後編  サービス業界はとりわけ人材難が叫ばれる業界。パチンコとなるとさらに人材を確保する難易度は増して行く。その中で大阪において20年以上前から毎年新...続きを読む

_46C7923

辞めない会社は、採用でつくっていく。<前編>

オフィスボストンの採用ブランド論 前編  サービス業界はとりわけ人材難が叫ばれる業界。パチンコとなるとさらに人材を確保する難易度は増して行く。その中で大阪において20年以上前から毎年新...続きを読む

_46B3321

こだわり続ける。パッと変われる。それが釜屋のDNA。#3

【長寿企業研究② 創業270年・釜屋のブランド論 第3回(最終回)】 釜屋は創業1748年、江戸中期から続く酒蔵。代表銘柄は「力士」で1785年から続く超ロングセラーブランドだ。また近...続きを読む

_46C3223

繁盛店は、ほとんど気づかれないことを、毎日変えている。#3

【SAKE storyのブランド論】第3回<最終回> 2016年Mr.SAKEコンテストグランプリ。飲食業界の異端児とも言われ、常に新しいことを考え、即実行する橋野氏。類まれな行動力に...続きを読む

_46B3409

蔵を続けるためなら、日本酒以外もつくった。#2

【長寿企業研究② 創業270年・釜屋のブランド論 第2回】 釜屋は創業1748年、江戸中期から続く酒蔵。代表銘柄は「力士」で1785年から続く超ロングセラーブランドだ。また近年では発泡...続きを読む

_46B3357

味は変わる。向き合い方は変えない。命名から232年続く銘酒「力士」。#1

【長寿企業研究② 創業270年・釜屋のブランド論 第1回】 釜屋は創業1748年、江戸中期から続く酒蔵。代表銘柄は「力士」で1785年から続く超ロングセラーブランドだ。また近年では発泡...続きを読む

BRANDTHINKING171009-1-76

自己満足で商売をしない。どれだけ喜んでもらえるか。#2

【長寿企業研究-太冠酒造 後編】 創業200年が珍しくない酒の世界。その中でも創業140年の太冠酒造は比較的新しい存在だ。しかし一般の企業からすれば、100年以上続く企業は非常に稀だ。...続きを読む

_46C3391

日本酒から、地域のストーリーを伝えたい。#2

【SAKE storyのブランド論】第2回 2016年Mr.SAKEコンテストグランプリ。飲食業界の異端児とも言われ、常に新しいことを考え、即実行する橋野氏。類まれな行動力により酒蔵さ...続きを読む

BRANDTHINKING171009-1-67

流行りには流されない。自分たちの信じた辛口を、愚直に貫く。#1

【長寿企業研究-太冠酒造 前編】 創業200年が珍しくない酒の世界。その中でも創業140年の太冠酒造は比較的新しい存在だ。しかし一般の企業からすれば、100年以上続く企業は非常に稀だ。...続きを読む

46C5054

妥協はしない。できなかったら、発売日はずらす。#3

【フライハイトのブランド論 第3回】(全3回/最終回) ゴルフ人口の減少とは裏腹に、コアなゴルフファンから熱狂的に支持されているクラブは数多くある。フライハイトはそのひとつ。2013年...続きを読む

新着記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング