新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

東京は世界一の市場。だからイノベーションを生み出せると思った。

【Rettyのブランド論対談 第2回】

_46B6110

日本最大級の実名型グルメサービスサイトに成長したRetty(レッティ)。会員は2200万人以上(2016.7現在)にも達している。昨年7月には11億円もの大型資金調達を成功させている。2010年創業から早7年近く。ますます成長に拍車のかかるRettyの土台となる考えは何か。創業者で代表取締役の武田和也氏に、パーソナル・ベンチャー・キャピタル代表のチカイケ秀夫氏が聴いた。

 

東京は質と量で世界一。だからたくさんチャンスがある。

チカイケ:昨年は11億円の大型資金調達もありましたが、もともと事業を成長させる考えはどのくらいあったのですか?

武田:40以上の事業を考えたときに、まず、自分がやりたい!と心から思える事業をやろうと思ったんです。もう一つの基準は「それは広がるか?」ということでした。やるからには世の中にインパクトのある事業をやりたいな、と思っていましたから。

チカイケ:それを最初から考えていたところがすごいですね!

武田:東京のレストランの数は世界で一番多いですし、ミシュランの星の数も世界で一番多い。質と量で世界一です。そういう領域だからこそ、新しいイノベーションが生まれると思いましたし、まだまだ解決されていない課題もあると思っていました。

チカイケ:だからこそ、チャンスであると。

武田:はい。おいしいもの食べたら、誰でもシアワセになりますよね。だから人がシアワセになることに直結するなとも思いました。事業は、自分たちのエゴだけでやっても、最終的に虚しくなるだけ。社会的に意義のあることをしたいと考えていましたね。

 

経営判断のすべては、Retty Wayで。

チカイケ:急成長してきたと思うんですが、仲間はどうやって集めていきましたか?

武田:何もありませんでしたから、最初は本当に一人ひとり口説いていった感じですよ。やはりビジョンに共感した人と一緒に仕事したい、というのはずっと大事にしています。サービス自体をやりたい、というよりも、その先、やりたいことが共感できる人、というのが基本だと思っています。

チカイケ:経営判断もすべて理念で判断されているということですが。

武田:ビジョンが非常に大きいので、それだけで判断するのは難しいですが、基本的にはRetty Wayで判断しています。これは創業以来ずっとですね。言葉はもちろん変わってきていますが、今の状態になったのは、昨年の夏です。社員全員で合宿して決めました。

チカイケ:スタートアップで創業当初からあったのは珍しいと思います。

武田:人が徐々に増えていくので、当然、みんな考え方が違うわけですし、ルールや指針がないとうまくいかないだろうということでつくりました。もちろん、本を読んで勉強もしましたし、ベンチャーキャピタルから、言語化することの重要性についてのアドバイスもいただきました。

_46B6317

理念から一貫性のある社内制度。

チカイケ:ユニークな社内制度もRettyさんらしいですよね。

武田:例えば「グルメ手当」は、例えば引っ越ししたら、普通に地元のお店に食べに行きたくなりますよね?それに僕らの場合はお店に食べに行くことも研究の一環ですから。

チカイケ:「ランチタクシー」もおもしろいなあ、と。

武田:これは社員の声でつくりました。タクシーに乗ってランチにいけると、ちょっとリッチでハッピーな気分になりますよね。

チカイケ:社内の制度まで理念からの一貫性があるように思います。

武田:自然とそうなっているのかもしれない。正直、常にそこを考えてやっているわけでもないけど、大きな部分での一貫性はとても意識しています。

 

 

第3回「全社員がユーザーを向いて仕事ができる組織をつくり続けたい。

第1回「世界を見ていた。愛される確信もあった。だから迷いなく歩けた。

 

聴き手:チカイケ秀夫 構成:BRAND THINKIKNG編集部 撮影:落合陽城

_46B6305

Retty株式会社 代表取締役 武田和也(写真右)
青山学院大学在学中に起業を決意。学生時代からECサイトを運営し、月商数百万円まで成長させる。2007年、株式会社ネットエイジ(現ユナイテッド株式会社)入社。ビジネスモデルを考えるために渡米、約1年の滞在期間中に現在のRettyの原型ができ上がる。帰国後、起業。2011年にRettyをリリースし、現在に至る。

パーソナル・ベンチャー・キャピタル 代表 チカイケ秀夫(写真左)
デザイナーの経験を経て、GMOインターネットグループで新規事業などさまざまな事業を経験。2015年よりパーソナル・ベンチャー・キャピタルの代表として活動開始。スタートアップ企業にブランディングを広めることを使命に、数多くのサポートを行っている。さまざまな企業のチーフ・ブランディング・オフィサー(CBO)を務める。




新着記事

最新連載記事

セミナー・イベント情報

ランキング