経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説

ケーススタディ の記事一覧

BRANDTHINKING171009-1-76

自己満足で商売をしない。どれだけ喜んでもらえるか。#2

【長寿企業研究-太冠酒造 後編】 創業200年が珍しくない酒の世界。その中でも創業140年の太冠酒造は比較的新しい存在だ。しかし一般の企業からすれば、100年以上続く企業は非常に稀だ。...続きを読む

_46C3391

日本酒から、地域のストーリーを伝えたい。#2

【SAKE storyのブランド論】第二回 2016年Mr.SAKEコンテストグランプリ。飲食業界の異端児とも言われ、常に新しいことを考え、即実行する橋野氏。類まれな行動力により酒蔵さ...続きを読む

BRANDTHINKING171009-1-67

流行りには流されない。自分たちの信じた辛口を、愚直に貫く。#1

【長寿企業研究-太冠酒造 前編】 創業200年が珍しくない酒の世界。その中でも創業140年の太冠酒造は比較的新しい存在だ。しかし一般の企業からすれば、100年以上続く企業は非常に稀だ。...続きを読む

46C5054

妥協はしない。できなかったら、発売日はずらす。#3

【フライハイトのブランド論 第3回】(全3回/最終回) ゴルフ人口の減少とは裏腹に、コアなゴルフファンから熱狂的に支持されているクラブは数多くある。フライハイトはそのひとつ。2013年...続きを読む

BRANDTHINKING171009-2-29

ソーシャル・キャピタルは、人の心と地域を豊かにする。#3

山梨学院大学現代ビジネス学部教授 今井久 【地域活性化の課題と実践 第3回】<最終回> 経済学と医科学の博士号に、MBA。地域経済を対象に研究を行い、地域活性化への取り組みや提言な...続きを読む

46C5151

不自由の連続に、アイデアは眠っている。#2

【フライハイトのブランド論 第2回】(全3回) ゴルフ人口の減少とは裏腹に、コアなゴルフファンから熱狂的に支持されているクラブは数多くある。フライハイトはそのひとつ。2013年の創業と...続きを読む

BRANDTHINKING171008-45

大学生活が終わるまでに桃太郎=山梨を浸透させたい。#3

モモハナ 竜沢華林 【ストーリーは必然だ 第3回】(最終回) 若干19歳。山梨県立大学に通う2年生。高校時代、多くの同級生が東京をはじめ県外に進学する中で、「山梨の良さを伝えたい」...続きを読む

BRANDTHINKING171009-2-8

やってみる、参加するが、地域活性化、さらには幸せにつながる。#2

山梨学院大学現代ビジネス学部教授 今井久 【地域活性化の課題と実践 第2回】(全3回) 経済学と医科学の博士号に、MBA。地域経済を対象に研究を行い、地域活性化への取り組みや提言な...続きを読む

46C5008

違いの分かる人に、自分たちの良さが分かればいい。#1

【フライハイトのブランド論 第1回】(全3回) ゴルフ人口の減少とは裏腹に、コアなゴルフファンから熱狂的に支持されているクラブは数多くある。フライハイトはそのひとつ。2013年の創業と...続きを読む

BRANDTHINKING171008-42

売上は予想の3倍以上。同世代の気持ちを動かしたかった。#2

モモハナ 竜沢華林 【ストーリーは必然だ 第2回】 若干19歳。山梨県立大学に通う2年生。高校時代、多くの同級生が東京をはじめ県外に進学する中で、「山梨の良さを伝えたい」と県内に残...続きを読む

新着記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング