経営に正しいブランディングを。わかりやすく解説|ブランド シンキング

新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

コンテンツ一覧

machine-2881168_1920

BtoB企業こそ、ブランディングが必要な理由。 

予算がなくてもできるBtoBのブランディング。 きっかけはなんでもいい。その過程で語れるものが必ずあるはず。 BtoC企業、例えばメーカーであれば商品は店頭に並べられ、その棚を巡って...続きを読む

iocenters-2673328_1920

2017.11.15

理念は社長がつくるべきか、社員と一緒につくるべきか。 

社長がつくれば速い。メンバーを絡ませたほうが長い目で本質的。 つくるところから、浸透もはじまっている。 理念の重要性は、BRAND THINKINGでも再三指摘してきました。それはブ...続きを読む

46C4206

ローカルから、グローバルへ羽ばたくブランドが生まれて行くはず。#4 

駒澤大学経営学部教授 青木茂樹 【理論と実践のブランド論 第4回】 論文や著書、コラムなど積極的に知見を発表する一方で、自らNPOを立ち上げ、理事長として地域活性に取り組む青木氏。...続きを読む

network-1020332_1920

ソーシャルエコノミー時代こそ理念が武器になる。 

グローバルに強いブランドは、高次の理念を持っている。 世界は、理念の共有へ。 田中洋・編『ブランド戦略全書』(2014・有斐閣)はおそらく日本のマーケティング、ブランド研究の第一人者...続きを読む

clock-2015460_1920

2017.11.07

ブランディングに即効性は出せるか。 

どうすれば商品や事業ブランディングに即効性を出せるか。 次にどんな行動(アクション)をするのか、ビジョンに沿って決める。 一般的にブランディングを行って、効果が出るのは、数年と言われ...続きを読む

46C4265

組織を超えて、クロス・バリューチェーンを描け!#3 

駒澤大学経営学部教授 青木茂樹 【理論と実践のブランド論 第3回】 論文や著書、コラムなど積極的に知見を発表する一方で、自らNPOを立ち上げ、理事長として地域活性に取り組む青木氏。...続きを読む

macarons-2548827_1920

リピートが起こるメカニズムのヒント。 

高いモノは、いい。は本当か? 高い知覚品質が、ブランドに及ぼす影響とは。 ブランド・エクイティの中に、「知覚品質」があります。知覚品質とは、文字通り、知覚できる品質のこと。品質の高低...続きを読む

keywords-2768306_1280

機能を越えて、何で差別化をすべきか。 

機能のみでの差別化はコモディティへの道。 ブランド論にある4つの便益という考え方。 ブランドは企業の資産であるとして「ブランド・エクイティ」を提唱したアーカーはブランドには4つの便益...続きを読む

IMG_6990のコピー

「無名の酒はなぜ売れたか」〜地域ブランディング研究会レポート 

売れる物には理由がある。 BRAND THINKINGの連載で好評だった「無名の酒はなぜ売れたか」の記事を基にした勉強会が10/18(水)に開催された。本勉強会は、すでに売り切れてしま...続きを読む

46C4336

地域活性こそ、ビジョンがあるから、熱が生まれる。#2 

駒澤大学経営学部教授 青木茂樹 【理論と実践のブランド論 第2回】 論文や著書、コラムなど積極的に知見を発表する一方で、自らNPOを立ち上げ、理事長として地域活性に取り組む青木氏。...続きを読む

新着記事

最新連載記事

人物から記事を探す

セミナー・イベント情報

ランキング