新規会員登録

BRAND THINKINGはFacebookアカウントで会員登録いただけます。今後、会員向けメールマガジンを配信予定です。

コンテンツ一覧

BT4

2017.08.29

誰に一番愛されたいのか、を決める。#4 

【無名の酒がなぜ売れたのか 第4回】 本菱のターゲット像のビジュアルコラージュの一部   「ペルソナ」が重要という理論に従って、ターゲット像を明確にする。 1年間のプロジェクトで進め...続きを読む

IMG_6445のコピー

<2017.9開催分>ブランド論 超入門編 

ブランディングは難しくない! ブランディングという言葉だけ聞くと、小難しく、とっつきにくい印象を与えるのではないかと思います。しかし皆さんが良く知っているものの中にも、ブランド構...続きを読む

apple-1867461_1920

89年続く牛乳石鹸に強みがないわけがない。 

ターゲットの曖昧さ、表現での差別化、強みの抽出が問題点。 「石鹸はコモディティである」というあきらめがなかったか。 8/16のJ-cast Newsに「牛乳石鹸」広告が炎上、「もう買...続きを読む

14238233_1222209544498012_494126301842553013_n

2017.08.22

誰もが自分の「本菱」になった。#3 

【無名の酒がなぜ売れたのか 第3回】 議論の様子   富士川町内、県内、県外の在住者でチームを構成。 「まちいくふじかわ」というプロジェクトにおける、本菱の完売は、ひとつは...続きを読む

_46C1731

2017.08.17

ケーススタディ

自分で予算をつくりだすキャンペーンのしくみをつくりたい。 

高知県のブランド・コミュニケーション研究 【一貫性が活性化を生み出す 第3回<最終回>】 地域創生の言葉に乗って、多くの地域がプロモーションを競い合っている。その中で、もう5年も同じコ...続きを読む

13124588_1135312253187742_3182900470153872779_n

2017.08.15

理論通りにすると、本当に成功するのか。#2 

【無名の酒がなぜ売れたのか 第2回】 山梨県富士川町・大法師公園から甲府方面を望む。   ブランディングの本質、CSVの壮大な実験場。 プロジェクトで1年間かけて進めていく...続きを読む

_46C1536

2017.08.10

ケーススタディ

予算の壁を越えて、話題をつくるコンセプトの活かし方。 

高知県のブランド・コミュニケーション研究 【一貫性が活性化を生み出す 第2回】 地域創生の言葉に乗って、多くの地域がプロモーションを競い合っている。その中で、もう5年も同じコンセプトで...続きを読む

個人ブランディング

【セルフ・ブランディング】 強みを武器に自分のビジョンをつくる。 

自分の「強み」や「価値観」を見つめ直す。 人や企業には当然、個性があります。自分にはどんな強みがあり、どんなことを大切にしているのか。ワークショップを通して、ここを改めて見つめ直していきま...続きを読む

スクリーンショット 2017-08-07 14.33.58

2017.08.08

酒どころでも米どころでもない地域の無名の酒は、なぜ売れたか。#1 

【無名の酒がなぜ売れたのか 第1回】 富士川町、内外の人たちでつくった本菱。 本菱という日本酒を知っている人は、まだほとんどいないと思います。今年の4月、120年ぶりに復活した山梨県...続きを読む

_46C0968

2017.08.07

ケーススタディ

ブランディングが、スタートアップの発射角度を上げる。 

【Skyland Venturesのブランド論対談 第3回】 25歳以下の若手スタートアップに積極的に投資をする企業がいる。10年続く企業が1%とも3%とも言われる熾烈な世界。Skyl...続きを読む

新着記事

最新連載記事

セミナー・イベント情報

ランキング